IPO投資徹底攻略データベース

IPO投資の最新情報

エスユーエスのIPO情報

エスユーエスは2017年9月13日、東証マザーズに上場した企業です。こちらのページではエスユーエスの上場時のデータと現在の株価などとの推移、担当した主幹事証券会社のデータなどをまとめていきます。

こちらの記事は2019年12月26日時点の情報となります

エスユーエスのIPO情報

上場日 2017年9月13日
募集価格 2300円
初値 4970円
初値売りリターン 116.09%
現在株価 510円
2019年12月26日時点の株価
IPO特記事項

※公募価格並びに初値は上場時の株価であり、その後の株式分割などによる補正は行っておりません。

 

エスユーエスのIPOの評価について

まずは、「初値売りリターン」がプラスであれば、ひとまずのIPOとしては成功と言えるでしょう。エスユーエスについては初値リターンが116.09%なので大成功といえそうです。

こちらのIPO投資に1単元(100株)で参加して初値で売却した場合の損益は267,000円となります。

 

エスユーエスの幹事証券会社

エスユーエスのIPOを担当した幹事証券会社の上位4社を紹介していきます。上位の会社ほどIPOの引き受け株数が多いため、IPOへの抽選応募にも当選しやすいといえます。

  1. 野村證券
  2. 西村証券
  3. いちよし証券
  4. SBI証券

IPO投資に応募するのであれば、やはり引き受けの多い証券会社で応募したいところですね。IPOに関する証券会社選びについては「IPO投資におすすめの証券会社比較」で詳しく紹介していますので、こちらもぜひご参照ください。

 

エスユーエスのその他の株価情報・株価指標

現在の株価 510円
上場している市場 東証マザーズ
配当金 7円 / 次回配当(権利確定日) 2020/9/29
配当利回り 1.37%
現在のPER 56.15倍
PER(株価収益率)の計算方法、仕組み、活用方法
現在のPBR 2.05倍
PBR(株価純資産倍率)の計算方法、仕組み、活用方法

PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)についての水準や配当利回りなどの指標の読み方や活用方法については「株価の状況を見るための財務分析」などの記事が参考になると思います。

 

2017年のIPO投資の総括(まとめ)

2017年はIPOとして好調でした。上場企業数は90社で内、82社は初値が公募価格を上回りました。

最高リターンはトレードワークス(3997)で518.18%、時点はウォンテッドリー(3991)の401%です。また、1単元購入で儲かった絶対額ランキング1位もトレードワークスで114万円の利益、2位はヴィスコ・テクノロジー(6698)で100万8000円です。

一方のワースト記録では西本Wismettacホールディングス(9260)で6%の損失で、1単元投資で28,500円損した計算になります。ただ、上昇上位と比較すると損失は極めて限定的だったといえるでしょう。

注目銘柄としては非上場企業として有名だった佐川急便(SGホールディングス・9143)が上場したことも話題となりました。

 

IPO投資 おすすめ証券会社 2020年最新版

証券会社名 おすすめ度 2018年 2017年 2016年
SMBC日興証券 ★★★★★ 68 71 64
SBI証券 ★★★★★ 86 86 76
マネックス証券 ★★★★★ 51 49 46
岡三オンライン証券 ★★★★★ 47 23 6
ネオモバ ★★★★★ 0 0 0
auカブコム証券 ★★★★ 23 27 19