IPO投資徹底攻略データベース

IPO投資の最新情報

野村證券でのIPO応募と抽選方法、資金拘束

IPO投資家が野村證券を活用して、投資をしていくうえで気になる、IPO応募の抽選方法や資金拘束、個人投資家にとってのおすすめ度などを紹介していきます。

おすすめ度:3
※富裕層な方はおすすめ度UP

IPO投資の最新情報

野村證券とは?

国内最大の総合証券会社です。

野村ホールディングスの中核企業です。最大手だけあって、IPOの引き受けでも最大手となっています。主幹事(※)件数でいえば、全証券会社の中でも最多水準となっています。

※主幹事・・・IPOにおいて最も重要な役割をする証券会社の事。当然その分、引き受ける公募株(IPO株数)も多い。

 

野村證券におけるIPO抽選方法

野村證券のIPOは店舗とネット口座向けに振り分けて管理されています。

ただ、配分の多くは店舗向けに流れるようになっており、店舗向けのIPOは営業担当による配分の割合が大きいため、あなたがお金持ちだったり、高所得者だったりしない限り、いきなりの新規口座への割り振りは期待できないでしょう。

ただ、ネット口座への割り振りは完全抽選となっているうえ、応募時の資金拘束がないので、応募だけはやり続けるというのは一つの手だと思います。

ネット口座への配分 全体の10%
ネット口座の抽選方式 完全抽選(一口座一口)
IPO申し込みと資金拘束 資金拘束はありません

 

IPOの取り扱い実績データ

  • 2018年:37件
  • 2017年:38件

 

 

IPO投資 おすすめ証券会社 2020年最新版

証券会社名 おすすめ度 2018年 2017年 2016年
SMBC日興証券 ★★★★★ 68 71 64
SBI証券 ★★★★★ 86 86 76
マネックス証券 ★★★★★ 51 49 46
岡三オンライン証券 ★★★★★ 47 23 6
ネオモバ ★★★★★ 0 0 0
auカブコム証券 ★★★★ 23 27 19